直葬 火葬のみ

直葬 火葬のみの専門相談をはじめ各種手配と内容のいい施行をいたします。
直葬 火葬のみ

葬祭のメリット

葬送費用

お問い合わせ

供花の依頼書
























直葬(火葬のみ)とは

通夜や葬儀といった儀式を行わず、原則的に火葬のみで済ませるスタイルをいいます。
一般的な直葬の流れは、臨終→安置→納棺→出棺→火葬(死後
24時間を経過した後)
→収骨→遺骨安置となります。通夜・葬儀といったセレモニーは行いませんが、安置場所に僧侶を招いて枕経をされたり、火葬炉の前で炉前法要を行っていただくことも可能です。
事前にご確認させていただきますのでご希望通りにお世話いたします。



直葬(火葬のみ)という言葉ができ始めたのは、ここ数年程度です。直葬(火葬のみ)とは直接火葬場に持って行くことと一緒なため、火葬だけのスタイルと同じ事です。このスタイルは以前から行なわれていましたが、直葬(火葬のみ)という言葉が使われるようになったのは、最近です。以前は身内がいない方、金銭的な問題などの理由で直葬(火葬のみ)行なうケースでした。しかし、最近はそれだけの理由だけでなく、シンプルな葬儀にしたいと故人や家族が考えたり、無宗教の場合などに利用され始め今日に至っています。
直葬(火葬のみ)は、葬儀社が取り仕切るのが一般的でスムーズにいきます。そのため直葬(火葬のみ)を希望するときは、葬儀社へ連絡をすることからするようにします。葬儀社では、故人を安置する所へ運ぶ寝台車を用意して移送をします。安置する所は自宅などですが、できないなどの事情があるときは、葬儀社がご相談に応じますので、ご確認ください。
              
   先ずは、お電話1本で ご安心。


桐里センター 三ツ木

 24時間受付 
03−3753−5294

   
お葬式   皆ご参列   後に供養



直葬 火葬のみの初めから終わりまでお世話いたします お電話かお問い合わせフォーム等でご相談下さい