直葬(火葬のみ)

直葬(火葬のみ)の専門相談・依頼をはじめ各種手配と内容の良い施行をお世話いたします。
直葬(火葬のみ)

葬祭のメリット

葬送費用

   
お問い合わせ

お花(篭花)
の申し込み書























直葬(火葬のみ)とは

通夜や葬儀といった儀式を行わず、家族だけでするスタイルをいいます。
一般的な直葬(火葬のみ)の流れは、臨終→安置→納棺→お花入れ→出棺→火葬死後24時間を経過した後)
→収骨→遺骨安置となります。通夜葬儀といったセレモニーは行いませんが、安置場所に僧侶を招いて枕経をされたり、火葬炉の前で炉前法要を行っていただくことも可能です。葬儀屋(葬儀社)さんが、事前にご確認させていただきますのでご希望通りにお世話いたします。

直葬(火葬のみ)という言葉ができ始めたのは、ここ数年程度です。直葬(火葬のみ)とは直接火葬場に持って行くことと一緒なため、直葬(火葬のみ)だけのスタイルと同じ事です。このスタイルは以前から行なわれていましたが、直葬(火葬のみ)という言葉が使われるようになったのは、最近です。以前は身内がいない方、費用問題などの理由で火葬のみを行なうケースでした。しかし、最近はそれだけの理由だけでなく、シンプルな葬祭にしたいと故人や家族が考えたり、無宗教の場合などに利用され始め今日に至っています。

直葬(火葬のみ)の場合、お葬式に参列してお別れをしたかった親族や知人への事も考えておく必要があります。誤解のないように、葬儀を行わない又は行わなかった事の連絡を必ずしましょう。また、火葬後に、焼香をさせて欲しいという連絡がたくさんあるかもしれないことも考えておくようにしてください。


直葬(火葬のみ)の火葬までの進行例
@ 葬儀社に依頼する
A 死亡診断書を受け取る
B 故人の移送と安置
C 葬儀社との打ち合わせ
D 火葬前日、故人と最期の夜を過ごす
E 火葬
F 収骨
* 通夜や告別式の形式をとりませんので、準備は殆ど必要ありませんが、故人の移送や安置と火葬の予約などは、必要で葬儀社へ依頼します。
* 葬儀社への依頼と共に、医師から死亡診断書を受け取ります。法的手続きは、葬儀社に依頼しても構いません。死亡届けは死後7日以内に役所へ提出しなければなりませんし、火葬に必要な火葬許可書の申請手続きなどがあります。
* 法律により、死後24時間以上経たないと火葬できないと定められています。火葬までの間、故人を安置しなければなりません、自宅に安置が難しい場合は斎場(火葬場併設)や安置施設などに移送しなければなりません。
* 故人を安置したら、火葬の日取りについて葬儀社と打ち合わせをします。直葬(火葬のみ)では、僧侶を招かないのが一般的ですが、希望するときは葬儀社と相談するようにしましょう。
* 故人を火葬する前日、遺族が故人と最期の時間を過ごす事もあります。その際は、可能な限り一晩中故人に付き添うようにします。
* 斎場(火葬場)で、火葬する前に故人が愛用していた品や、思い出な品などを柩に納めるのもよいでしょう。
* 火葬が終わった後、遺骨を自宅などへ持ち帰ります。
              
  ご不明な点は、お問い合わせください

  桐里センター
             三ツ木

 受付電話 
03−
 3753−5294


三ツ木
三ツ木
直葬(火葬のみ)の初めから終わりまでお世話いたします
当社は、直葬(火葬のみ)に必要な支度を調達して直葬(火葬のみ)を執り行う会社です。永年の経験をはじめ、心を込めてお役に立ちます。
 
(参考)公営の臨海斎場は、東京都大田区、品川区、目黒区、世田谷区、港区による共同設置施設です。

直葬(火葬のみ) → 葬祭のメリット葬送費用お問い合わせお花(篭花)の申し込み書 →直葬(火葬のみ)