直葬(火葬のみ)

直葬(火葬のみ)の専門相談・依頼をはじめ各種手配をご利用できます。
           
       





















直葬(火葬のみ)とは

通夜や葬儀という儀式をしないで、家族だけで火葬のみを執り行うスタイルをいいます。
直葬(火葬のみ)の流れは、臨終→安置→納棺→お花入れ→出棺→火葬死後24時間を経過した後)→収骨→遺骨安置です。通夜や葬儀というのは行いませんが、安置場所に僧侶を招いて枕経を行ったり、火葬炉の前でお経あげを行っていただくこともできます。葬儀屋(葬儀社)さんが、事前にご確認させていただきますのでお申し出ください。

直葬(火葬のみ)という言葉ができたのは最近のことです。直葬(火葬のみ)は、直接火葬場に持って行くことと同じことのため、直葬(火葬のみ)と云われるようなりました。この形式は以前から行なわれていて、直葬(火葬のみ)という呼称を使われるようになったのは、数年前からです。前は身内のいない方などの理由で火葬のみを行なっていました。近頃はそれだけの理由だけではなく、シンプルな最期で送りたいと故人や家族の皆さんが思ったり、無宗教で執り行う時などに利用され今日に至っています。

直葬(火葬のみ)の場合、お葬式でお別れをしたかった親族や知人への事も考えておかないといけません。誤解のないように、葬儀を行わない事や行わなかった事を必ず連絡されるようにしましょう。火葬の後に、焼香やお参りをさせて欲しいというご連絡がたくさんあるかもしれませんので、考えておくようにしてください。

逝去時の供養は、故人の最期を残された者が、できるだけの事をしてあげる行事で、末代まで残る行為ともいってよいでしょう。この頃は、お葬式や直葬(火葬のみ)で費用ばかりにとらわれている最期もあるようですが、育ててくれた親や長い間一緒に過ごした兄弟姉妹をはじめ縁者の親族などは、報恩感謝の気持ちでされるべきでしょう。安易な風潮や助言に惑わされることのないようにして、行う方主体の供養をされることを願っています。
              
お電話で、ひと安心。

葬送ご不明な点は、
      お問い合わせください


桐里センター
             三ツ木

 受付電話 
03−
3753−5294

(お葬式 皆ご参列 後に供養)
葬儀屋さんの三ツ木
三ツ木
直葬(火葬のみ)の初めから終わりまで豊富な経験をもちまして、心を込めてお役に立ちます。